伸張反射の経路とメカニズム - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

伸張反射の経路とメカニズム


スポンサードリンク

伸張反射は筋の伸張を刺激として受容し、その筋を収縮させる反射である。
伸張反射の受容器は筋紡錘である。
【筋紡錘の構造とゴルジ腱器官】の記事を参考までにどうぞ。


【伸張反射の経路とメカニズムの図解】

sintyou017

スポンサードリンク

受容器の筋紡錘は中央の赤道付近にあり、らせん形終末と散形終末の2種が区別される。
錘内筋線維は受容器の両端から連なり、細いガンマ運動線維の支配を受けている。
金が引き延ばされると、速度に応じて上記が興奮し、ⅠaとⅡ感覚神経にインパルスを発射する。

①感覚神経インパルスが脊髄に入って、伸ばされて筋を支配しているα運動ニューロンに伝達
②α運動ニューロンの活動が筋を収縮させる

臨床でしばしば行われる膝蓋腱反射はこの一例である。

大腿四頭筋の腱をハンマーで叩打すると筋が伸張され、反射性に筋収縮が起こり下腿が跳ね上がる。
伸張反射は筋長を一定にする方向に働くので、心筋と屈筋とが伸張反射によって一定の長さと緊張をたもし、関節がしっかりと固定されるので、姿勢を維持するのに役だつ


したがって、姿勢を維持するための抗重力筋である伸筋でよく発達している。
伸張反射は哺乳動物では唯一の単シナプス反射である。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License