屈曲反射(逃避反射/防御反射)の神経経路と伸張反射の抑制メカニズム - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

屈曲反射(逃避反射/防御反射)の神経経路と伸張反射の抑制メカニズム


スポンサードリンク

②屈曲反射とは?
四肢の皮膚を強く刺激すると、刺激された肢の屈筋群が収縮してその肢が屈曲する、刺激が強ければいくつかの関節が全部屈曲し、体幹に向かって折りたたまれるようになる。

kukkyokuimage020

スポンサードリンク

皮膚の受容器からの求心性インパルスが脊髄に入り、介在ニューロンを経て、屈曲を支配するニューロンを興奮させると同時に伸張反射を抑制する。



また、刺激された肢以外の肢も屈曲するに至る。この反射は侵害的な強い刺激から四肢を遠ざけ、逃避してこれを防ぐ反射であるから、逃避反射あるいは防御反射とも呼ばれる。またこの反射は脊髄内でいくつかのシナプスを経由して屈筋の運動ニューロンに接続するので、多シナプス反射である。

交叉伸展反射
刺激が非常に強い場合には、屈曲反射ともに他側肢が伸展する

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License