Ia抑制(相反神経支配)の経路とメカニズム - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

Ia抑制(相反神経支配)の経路とメカニズム


スポンサードリンク

Ia抑制(相反神経支配)の経路とメカニズムとは?
伸張反射はほとんどすべての筋に見られるが、一つの関節に対する伸筋と屈筋の間では、伸筋に伸張反射がおこっているとき、同時に屈筋の運動ニューロンは抑制される。

(剽軽や手内在筋にはみららない)

簡単に言えば、
屈筋が収縮している時、その反対側の筋である拮抗筋である伸筋は抑制されて弛緩している。
反対に伸筋が収縮しているときは屈筋が抑制されて弛緩しているということ。

スポンサードリンク

【Ia抑制(相反神経支配)の経路とメカニズムの図解】

  1aimage022

これは伸筋からのIa群線維が抑制性介在ニューロンを介して屈筋の運動ニューロンに接続しているからである。このような神経支配様式を相反神経支配という。またこの抑制をIa抑制または拮抗抑制という。


その結果、筋紡錘の働きによって、運動は平滑に遂行される事となる。


伸筋のI3群線維を刺激して伸張反射のおこる直前に屈筋のIa群線維を刺激すると伸筋の運動ニューロンの活動が抑制される。この抑制はシナプス前抑制の機序によってなされる。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License