図解で簡潔!かつわかり易いイラスト解剖学がオススメ!の参考書 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

図解で簡潔!かつわかり易いイラスト解剖学がオススメ!の参考書


スポンサードリンク

作業・理学療法士のリハビリ職種だけでなく、看護学生、医大生にも爆発的に広まった解剖学のわかり易い参考書です。もちろん、私も学生の時から現在に至っても使っています。


評判が良い理由は、リアルでわかりにくいイラスト・絵の解剖学の書籍が多い中、人体や臓器、神経経路から臍傍に至るまでの解剖学の非常にわかり易いイラストイメージが特徴のイラスト解剖学(松村讓兒 著)

スポンサードリンク

わかりやすいのはそれだけではありません。

①イラスト可愛らしく簡略化されて、見易い・わかり易い。

②ちょっとした、余談やコネタを挟んで雑学もはさんでいるので、スッと頭に入る。

③覚え方や解剖学についての語呂合わせなんかも載っている

④ゴチャゴチャした漢字がたくさんの解剖学教科書ではなく、自体も適度にあいていて、読みやすいフォント。

⑤一般の解剖学であれば何ページにもわたる事故も、各項目が1ページでまとめられているので、まとまりがハンパない

本中の解剖学のイラストや図などは、表紙と同じタッチで描かれていますので、参考にしてください。

リハビリ系の職種はこれ一冊で必要な所はは網羅できるでしょう。看護師学生やその他の職種の方は、十二分すぎるくらいと思います。

医学部や医師の方は、内容的にはこれだけでは足りないと思いますし、ネッター解剖学などで何よりリアルにイメージ化する必要があると思いますが、一度これに目を通しておいて授業やその他の解剖学参考書を読めば、スーーっと暗記できると思います。


学生の時は学校の教科書として、別にいくつかあったわけですが、これを買ってからは学校の教科書は殆ど使わなくなりました。 

マニアックに知りたい・レポートで必要に駆られた時のみ、他の解剖学の参考書を使っていましたが、国家試験の勉強も殆どこれのみでした。

苦手だった神経系や中枢神経系の経路の暗記も、これでスッキリと覚えられましたし、苦手意識が強かった解剖学の授業も楽しくなりました^^


 


さすらいの一押し書籍でした!

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License