副交感神経系の経路とか機能の超まとめ - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

副交感神経系の経路とか機能の超まとめ


スポンサードリンク

今回は副交感神経系の構造とか作用とかを総括してみます。

まとめてびっくり。
こんな少なくてええもんなんやろか。。。

と反省しましたが、まとめちゃったもんで取り敢えずアップしておきまっ。

スポンサードリンク


副交感神経は頭部副交感神経と仙部副交感神経とに分けられる。

頭部副交感神経は脳神経(動眼、顔面、舌咽、迷走各神経)の中に含まれて脳を出る。


節前神経の細胞体はそれぞれの脳神経核内にある。
節前線維は各脳神経所属の神経節、あるいは支配器官の神経叢内でニューロンを換える。仙部副交感神経の節前神経の細胞体は仙髄側柱にある。

その節前線維は前根を経て骨盤神経となり、支配器官近傍の神経叢でニューロンを換える。それらの分布経路および刺激作用は表の通りである。副交感神経系が全般的に興奮状態となった場合を副交感神経活動亢進parasympathicotoniaまたは迷走神経活動亢進vagotoniaという。


副交感神経機能としては、
副交感神経の活動により瞳孔は縮小し、心臓血管系は抑制され、消化吸収系は活発となる。これは活動によって消耗された状態の回復に適する状態である。実際に休息中や睡眠中は副交感神経活動亢進に傾く。


簡単に言えば、交感神経と副交感神経の機能・作用はそう反しており、関係があるよーっということ。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License