小脳の構造と神経局在 [解剖学] - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

小脳の構造と神経局在 [解剖学]


スポンサードリンク

失徴症脳大きな原因、小脳の体部・虫部などの構造を簡単に解説して、その皮質部分や神経局在などについてちょこっと触れてみたいと思います。

①小脳の局在
小脳は対称的の構造物で後頭蓋窩に存在し、その腹側部において第4脳室両側にある小脳脚より、延髄、橋、中脳と結合している。

硬膜よりなる小脳テントは小脳の上表面を水平に張っており、小脳と大脳後頭葉との境をなしている。小脳表面には小脳回として知られる多数の平行した狭いシワがある。


②小脳の細分
小脳は小脳半球という2つの大きな側塊に細分され、虫部と呼ばれる正中上の狭い中心部と融合している。

小脳は、解剖学上3つの大きな部分に分けられる。すなわち、片葉小節葉、前葉、後葉である。

syounouuuszentaiaas

 ①小脳 虫部

 ②小脳 前葉

 ③小脳 後葉



③小脳核
小脳の中には4対の深部小脳核がある。すなわち、内側から外側に向けて、室頂核、球状核、栓状核、歯状核の諸核である。

球状核と栓状核は通常、同グループとされ、介在核と呼ばれる。

スポンサードリンク


【小脳の横断面】
syounouuus

 ①室頂核
 ②球状核
 ③栓状核
 ④歯状核
 ⑤索状帯
 ⑥髄質
 ⑦皮質部分

 



 

④小脳皮質
小脳皮質は3層よりなる。すなわち、分子層(最外層)、プルキンエ細胞層(中間層)、顆粒層(最内層)である。

 

 

⑤小脳脚
小脳脚は小脳に出入りする多数の線維よりなり、小脳と中枢系のほかの部分を結合しており、下図のように3対からなる。下小脳脚(索状体)、中小脳脚(橋腕)、上小脳脚(結合腕)である。

【小脳の前面からの図】
syounouuuszenmennnae

 ①片葉小節葉

 ②小脳 虫部

 ③結合腕

 ④橋腕

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License