延髄の構造と機能を図解で学ぼう - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

延髄の構造と機能を図解で学ぼう


スポンサードリンク

延髄は脳幹の最後尾にあり、呼吸機能、循環機能、嚥下中枢などを含む生命を維持するうえで不可欠な機能を多く含んでいる

300px-Medulla_oblongata

スポンサードリンク

延髄から出る脳神経


①舌咽神経
②迷走神経
③副神経
④舌下神経

延髄上部の横断面

enzuiオリーブ核
脊髄・中脳・大脳皮質からの線維を受けて、小脳に伸びる錐体外路系の中継核である。
小脳は大脳半球で交差し、下小脳脚から小脳に入る(これをオリーブ小脳路という)
これは錐体外路系に属するもので、運動の調整における平衡に関係する。

錐体交叉
錐体外路系の伝導路で、延髄下部に位置しており、これより下が脊髄となる。


薄束核と楔状束核


これらを合わせて後索核といい、脊髄後索を上行する深部感覚の中継核としての機能を有する。


他にも、脊髄内には錐体路以外の神経伝導路も認められる。前脊髄小脳路、後脊髄小脳路、外側脊髄視床路なども存在する

また、延髄には各種の脳神経が含まれる。
主なものとしては、孤束核、疑核、舌下神経核である。



延髄の中枢


嚥下、嘔吐、唾液に関する中枢

心臓、血管運動、呼吸の調節中枢

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License