侵害刺激と体性感覚・特殊感覚の分類 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

侵害刺激と体性感覚・特殊感覚の分類


スポンサードリンク

侵害刺激とはどんなものか?

侵害刺激とは、組織を障害して痛みや屈筋反射を起こす程強い刺激をいう。


屈筋反射とは?
四肢の皮膚を強く刺激すると、その肢の屈筋が収縮して刺激から逃避しようとする反射が起こる。
=逃避反射、防御反射、侵害受容反射、皮膚反射(皮膚にある受容器から始まるから)、外受容反射、外来反射など、これらが屈筋反射で、刺激が強ければ反射はその肢の屈筋全体に広がって屈曲協同運動となり、幾つかの関節がすべて屈曲し、体幹に向かって折りたたまれる。


スポンサードリンク

感覚とは?感覚の種類と分類

1.感覚

光、音、化学的刺激などを、それに対応する感覚受容器が受けた場合に誘因される情報を意味し、senceまたはsennsationに対応する。



2.感覚と知覚

感覚:個々の感覚受容器からの要素的刺激をとらえるもの
知覚:要素的感覚情報の統合ならびに、解釈に用いるもの

【感覚の分類】

体性感覚  表在感覚 ①触覚
②痛覚
③温度覚 
 深部感覚  ①運動覚
②振動覚
③位置覚
④圧覚 
 複合感覚  ①立体覚
②局在覚
③皮膚書字認知能
④重量覚 
特殊感覚 1.嗅覚  
2.視覚  
3.味覚  
4.聴覚  
5.平衡覚  
内臓感覚 臓器感覚  
内臓痛覚  

この中では複合感覚に分類されているところは、あまり一般的には言われない感覚ですね。



体性感覚とは?:
皮膚、粘膜、筋、腱、関節包、靭帯などにある受容器に加えられた刺激が体性感覚神経により脳に伝えられたもの


特殊感覚とは?:

おのおのの固有の特殊な感覚器により脳神経から中枢に伝えられるもの


内臓感覚とは?:
内臓に存在する受容器から自律神経を経て中枢に伝達されたもの

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License