耳の中の構造を解剖学的に3分で覚えるまとめ - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

耳の中の構造を解剖学的に3分で覚えるまとめ


スポンサードリンク

耳は2つの感覚器を備えており、それらは異なる機能をもつが形態的には1つの複合体すなわち内耳をつくっている。



耳は3つの部分を区別する-外耳、中耳、内耳の3部で、皆さんよく効く名前ですよね。

image001

スポンサードリンク

外耳に数えられるものは、耳介と外耳道である。

中耳は鼓室・乳突蜂巣および耳管からなっている。
鼓室は耳小骨をいれた空気を含む狭い腔である。この腔は鼓膜の後ろにあるだけでなく、鼓室上陥凹となって少し外耳道の上に飛び出している。腹側で鼓室は耳管に移行して行く。



耳管は斜め前下方へ走り、咽頭後壁の前で咽頭腔へ開いている。



線毛上皮で内張りされた耳管は骨部と軟骨部からなっていて、この両部は耳管峡で互いに移行する。



耳管軟骨は横断面では鉤の形をしていて間隙を残しており、ここは結合組織(膜性板)で埋められている。

軟骨部の壁には鼓膜張筋が付着しており、骨性板によって固有の耳管腔とは隔てられて鼓室へ行っている。

耳管を介して鼓室は咽頭腔と交通しているため、内耳内の空気の交換と圧の均衡を保つことができる。耳管はもちろん平常は閉鎖して細隙状になっており、嚥下の際軟口蓋の筋が収縮するときだけ開く。



内耳側頭骨錐体内にある骨迷路からなり、聴覚・平衡覚器の主要部である。
この中に膜迷路と内耳道が含まれている。


内耳の1つの部分は蝸牛といわれ本来の聴覚器であり、もう1つの部分は前庭器管であり、球形嚢・卵形嚢とこれから出ている3つの半規管をまとめたもので、体の位置の変化、ことに頭の位置を感じとる平衡覚器である。


 

今日は概論的なところをまとめましたが、PT,OTとして必要な所は所は半分くらい、太文字や赤い字で書いた所くらいでしょうか。続きますっ。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License