図解・イラストで分かりやすく股関節・骨盤の動きとしくみを理解する書籍 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

図解・イラストで分かりやすく股関節・骨盤の動きとしくみを理解する書籍


スポンサードリンク

いつもお世話になっている理学療法士の國津秀治先生が書籍を出版されました!
【図解入門よくわかる股関節・骨盤の動きとしくみ 「動き」と「痛み」のメカニズムを図解で学ぶ!】(楽天)



國津先生は、脳外科から整形外科、急性期から維持期、病院から訪問系まで経験豊富な方で、現在は股関節の保存療法に力を入れていらっしゃいます。

販売の連絡があって、即注文しました。

図解入門 よくわかる股関節・骨盤の動きとしくみ

スポンサードリンク
私自身、医学専門書以外に家庭の医学的な一般の方向けの本も結構読みます。


その理由は、医学専門書を参考にしていると、患者・利用者さんに分かりやすい言い回しができない頭になってしまっている場合が多いからです。 なので、一般の方向けの本を読んで、分かりやすい表現、言い回しを盗んでいます。



しかし、この一般の方向けの書籍には、やっぱり問題がある、とおもっていました。



そう、それは過大表現や誤解を招く記述、誰にでも当てはまるわけでもないのにあたかも、誰でも当てはまる、と誤解するような表現が多すぎる、ということでした。


書籍にも書かれていますが、股関節に限らずですが、腰痛やヘルニアでも何でもかんでも筋トレをしなさい、ストレッチをしなさい、これをやれば治ります的な内容が横行しているということ。

それで治ればお医者さんやPTさんも不要ですよね。


専門職として当然の意見だけでなく、専門職としてそれはどうなの?っていうような視点からの内容を織り交ぜながら書かれているので、非常におもしろく読めました。



位置づけとしては、医学書と一般の方向けの医学・健康系の本の中間といった内容で、イラスト・図解付きで、見開きの右ページには分かりやすい説明が、左には図解があってグイグイ読めます。

詳しい解説はよくわかる股関節・骨盤の動きと仕組みのページをご覧ください。
専門職の方もそうでない方にもオススメです^^

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License