視覚器としての眼球の解剖学 外膜(角膜と強膜)の構造 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

視覚器としての眼球の解剖学 外膜(角膜と強膜)の構造


スポンサードリンク

耳に続いて、目の解剖学です。細かい所ですが、一旦覚えてしまえば簡単です。

【目の構造超まとめ】

外膜=角膜、強膜
中膜=脈絡膜
  虹彩:絞り、瞳孔括約筋、散大筋
  毛様体:レンズの調整する。筋収縮させてレンズ幅を厚くして近くをみる
内膜=網膜


房水:リンパ液
内容物 水晶体:レンズ真径9㎜の凸レンズ
硝子体:ゼリー様物質

眼球は、外から外膜・中膜・内膜の3層の被膜で包まれている。

スポンサードリンク

外膜には角膜と強膜があり、前1/6をなす透明な角膜、後5/6を占める強膜である。

中膜は眼球血管膜とも呼ばれ、胸膜内面に接する脈絡膜、前面から見える虹彩、脈絡膜と虹彩との間の毛様体とに区別される。中膜は、色素や血管に富み、葡萄のように見えるのでブドウ膜ともよばれる。また、眼球内膜は、いわゆる網膜であり、視覚受容器として働く。

①外膜(線維膜)

蓋膜は角膜と強膜があり、前部の角膜とそれに続く白い強膜で構成されている。
(※クリックすると大きくなります)

memememe 

外膜は眼球線維膜ともいい、前方の角膜と後方の大部分をなす強膜とからなる。

強膜は、血管に乏しい白色の線維性結合組織で、いわゆる白目の部分である。眼球後部で視神経が貫く部分は、強膜が網目状を呈するので、篩状野(篩状板)と呼ばれる。 



角膜は前方に強くした弯曲の部を言う。角膜は①規則的に配列する膠原線維の層板からなる角膜基質をもち、②多量のムコ多糖を含んだ膨化状態にあり、③血管分布がない(無血管性)、という3点の理由からきわめて高い透明度を示す。

また、角膜には豊富な感覚神経(毛様体神経←眼神経←三叉神経)が分布するため、誇りなどにも鋭敏である。なお、角膜が刺激されると瞬間的に目を閉じる。これを角膜反射という。
三叉神経の主感覚核と眼輪筋を支配する顔面神経核とが連絡していることで起こる。



1.角膜の特徴まとめ
眼球の前方中央部にある澄明な膜で、眼球壁の外1/6を占め、全体としてやや前方突出。角膜周縁は眼球結膜および強膜に移行する



2.強膜の特徴まとめ
角膜の続きで、眼球の後方約5/6を占める。色は白色不透明である

前方部:白眼(眼球結膜を通して見える)
後方端:視神経と血管によって貫かれる
側方(角膜との境目):強膜静脈洞が分布しており眼房水の吸収と排導にあたる
外面 :眼筋が付着している

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License