眼球の解剖学 目の脈絡膜(中膜)を図解で学ぶ - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

眼球の解剖学 目の脈絡膜(中膜)を図解で学ぶ


スポンサードリンク

②中膜(脈絡膜)の構造

【目の構造超まとめ】

外膜=角膜、強膜
中膜=脈絡膜
  虹彩:絞り、瞳孔括約筋、散大筋
  毛様体:レンズ調整する。筋収縮でレンズ幅を厚くして近くをみる
内膜=網膜


房水:リンパ液
内容物 水晶体:レンズ真径9㎜の凸レンズ
硝子体:ゼリー様物質

眼球は、外から外膜・中膜・内膜の3層の被膜で包まれている。

スポンサードリンク

②中膜=脈絡膜(血管膜)
  
1 脈絡膜の特徴
強膜と網膜の間に存在する。後方は視神経の侵入部から、前方は鋸状縁に至る。色素細胞と血管が豊富である

脈絡叢の前部は輪状の肥厚部をなし、内部に平滑筋を含む。平滑筋は虹彩を囲んで走る輪状線維(ミュラー筋)と、これに直交する経線状線維(ブリュッケ筋)とがあり、いずれも動眼神経の副交感性線維に支配され、水晶体の厚さの調節に働く。またミュラー筋、ブリュッケ筋ともに副交感神経支配である。

2 毛様体の特徴と作用
血管網が肥厚したもので、前方は虹彩起始部に続き、後方は鋸状縁を境にして脈絡膜に続く。毛様帯筋が緊張すると毛様体小帯が緩み水晶体の屈折率が増し眼球の焦点は近視野に絞られる。


脈絡膜の前方にある海綿様肥厚部で、水晶体を輪のように取り巻いている。内面に突出する毛様体突起から出る多数の細い線維の毛様体小帯は、水晶体につながり、水晶体の厚さを調節(遠近調節)をする。

3 虹彩の特徴
虹彩はカメラの絞りに相当し、毛様体から起こって、水晶体の前方に位置する輪状の色素膜で、中央の孔を「瞳孔」という。虹彩は角膜と水晶体の間を二分する。前方を前眼房、後方を後眼房といい、それぞれ眼房水をいれる。虹彩は、暗いときは開き、明るいときは縮小し、入射光線量を調節する。



虹彩は毛様体の前に続く部分で、水晶体の前面を取り囲む色素・血管・神経に富むドーナツ状の膜である。いわゆる黒目の部分をなし、暗いときは開き、明るいときは縮小し、入射光線量を調節する。虹彩は色素を含み、その量によって種々の色調を示す。虹彩には瞳孔括約筋と瞳孔散大筋とが含まれる

image016
イラスト解剖学より引用

① 瞳孔括約筋:副交感神経:瞳孔縮小
・光反射(瞳孔反射)
・近くを見る時(光量を調節し、球面の収差を除いて焦点深度を増す)
・安静時に働く

② 瞳孔散大筋:交感神経:瞳孔散大
・痛覚刺激
・精神的刺激(驚いた時)←交感神経の興奮

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License