関節の構造と連結による分類 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

関節の構造と連結による分類


スポンサードリンク

連結による分類

関節の隣接する2個の骨の間に介在する物質(組織)の種類によっていくつかに分けられる。運動性により不動性の関節と可動性の関節に分けられる。


1.不動性の関節

a.線維性の連結

2個の骨の間が結合組織で満たされ,その間に隙間がなく,ほとんど運動性がない。

1)靱帯結合:2個の骨の間が靱帯あるいは膜状の線維性結合組織によって結合されるもの。
(例:鎖骨管勒帯,茎突舌骨靱帯,下腿・前腕の骨間膜など)

2)縫合suture:主として頭蓋を構成する

clip_image002

骨の骨間に生じ,わずかの量の結合組織によっ結合されているが,この結合組織が骨化すると骨結合となる。頭蓋冠および顔面骨に多数の縫合がみられる。縫合は骨の結合緑の形態に従って,鋸状縫合,鱗状縫合,直線(平滑)縫合の3種に分けられる。

3)釘植:歯根と歯槽との結合で,釘が打ち込まれたようにはまり込んでいる。



b.軟骨性の連結

2骨の骨の間が軟骨により結合されるもので,左右の恥骨の間の線維軟骨結合と,幼児の蝶形骨体と後頭骨との間などにみられる〔硝子〕軟骨結合の2種類がある。



c.骨結合
結合する両骨間が骨質からなるもので,多くの場合,軟骨結合から転化したもの。(例:成人の仙骨における各仙椎の結合,蝶形骨体と後頭骨との結合)


 

2.可動性の関節

2個の骨の間に一定の間隙があってまったく分離され,さらに特殊な装置を備えたもので,滑膜性の連結(狭義の関節)ともいわれる。

スポンサードリンク

 

【滑膜性の連結(狭義の関節)】

-般的構造の説明していくと・・・

関節頭:
関節する両骨のうち凸面を呈す骨端部で,表面は関節軟骨に覆われる。関節軟骨は硝子軟骨からなり,部位により一定ではないが0.5~4mmほどの厚さがあり,なめらかである。(血管がみられず,滑液から栄養をもらうといわれる。)



関節窩:
関節頭を入れる凹面で,関節頭と同じく表面が関節軟骨に覆われている。関節窩の深さを補うために,その周縁に線維軟骨性の関節唇を認めることがある。(例:肩関節の関節窩)また,両関節面の適合をいっそう完全にするために,その間に線維軟骨性の小板がはさまることがある。小板が完全な板となるときはこれを関節円板(例:顎関節)といい,小板が環状あるいは半月状となるときはこれを関節半月という(例:膝関節の内側・外側半月)。これらは,すべて周辺部が厚く,中心部が薄くなっている。



関節包:
関節の表面は,骨膜につづく結合組織性の関節包に囲まれ,その中に関節腔をつくる。関節包は,2層からなり,外層を線維膜といい,内層を滑膜という。



線維膜:
強い結合組織からなり,少量の弾性線維を含んで関節包の基礎をつくる。関節包は通常関節面の近くで骨膜に付着する。



滑 膜:
関節腔に向かう面は扁平な細胞におおわれ,その外側は弾性線維を含んだ結合組織からなる。滑膜は血管に富み,透明な粘稠性の滑液を分泌し,運動の際,関節面の摩擦を軽減させる。

滑液はさらに関節腔内に突出して,滑膜ヒダとなる。大きな関節では,滑液を含む関節滑液包をつくる。その多くは,筋や腱の下にあって,その運動を円滑にする。

clip_image002[4]

靱帯:
主として,2個の骨の間をつなぐヒモ状ないし帯状の膠原線維を主体とした結合組織をいう。関節の過渡の運動を制御する。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License