皮膚からの感覚受容器 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

皮膚からの感覚受容器


スポンサードリンク

受容器についてメモ。ですが、文献によってかなり違いがあるのが厄介な所です。。
国試や授業にあわせて、頭の中を切り替えて覚えて生きましょう;


1)皮膚感覚
表皮内神経終末として
・自由神経終末:痛覚(表皮)
・メルケル小体:触覚(表皮、口腔粘膜、舌縁)


表皮下降神経終末として
・マイスナー小体:触覚(指頭、手掌、口唇、外陰部)
・パチニ小体:圧覚(指腹、陰茎、乳輪、腹膜)
・ゴルジ小体:圧覚(真皮、皮下組織、爪床、結膜、外陰部)
・クラウゼ小体:冷覚(真皮、皮下組織)
・ルフィニ小体:温覚(皮下組織)

スポンサードリンク

 

2)侵害刺激の受容

・皮下組織に損傷を加えるような強い刺激(侵害刺激)に対する受容器として、機械的侵害受容器とポリモーダル受容器がある。


・機械的侵害受容器は、皮膚を傷つけるような強い機械的刺激にのみ応じる。侵害レベルの刺激では刺激の大きさに応じて反応は大きくなる。


・機械的侵害受容器からのインパルスはAδ線維により、ポリモーダル受容器からのインパルスは主にC線維によって伝達される。

・ポリモーダル侵害受容器は侵害性の機械的刺激に加えて、熱刺激や刺激性の化学物質にも応じる。他の受容器と異なり受容野に同一の刺激を繰り返し加えても、反応性は低下しない。

・組織が損傷を受けると、内因性発痛物質が産生され、侵害性情報を伝えるⅢ群およびⅣ群線維を興奮させる。

3)温度の受容

・ 温度受容器は、AδまたはC線維によって伝えられ、受容器は点状である。


・冷受容器は真皮最外層にある自由終末である。温受容器についても自由終末であると考えられている。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License