患者の臓器写真をTwitterに投稿のした看護学生が退学になったらしいが。 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

患者の臓器写真をTwitterに投稿のした看護学生が退学になったらしいが。


スポンサードリンク

先日報道されていた、ツイッターに胃の画像を投稿したという岐阜市立看護専門学校看護学生さんが退学になったそうで。

看護学生は5月下旬、Twitterに「胃。グロ注意」「病院の患者さんの 大腸もあるよ」と、校内で撮影したとみられる臓器の写真を投稿。同校は岐阜市民病院に併設されており、同病院で病死した患者の臓器を分析する前に先生が持ってきてくれた、などと説明していた。

ITmedia ニュースより

 

やはり、医学の発展のために、お亡くなりになって御遺体を提供していただいた方やその家族さんからすれば、倫理的に問題にはなることであって、当然、この女の子が行った行為は決して肯定できるものではありません。

スポンサードリンク


しかし、ツイッターやmixiのつぶやきを見てみると・・・

退学が当然だとか、常識がないとか、ゆとり教育世代だからとか、看護師や従事者になる資格がないとか、ごもっともそうな意見がわんさか飛び交っておる。


しかも、バイト先までが謝罪したそうじゃないですか。

てことは、バイト先にまでクレームを入れる人間がいるってことで、そっちの方の常識やマナー、倫理を疑うな、私は。



その女の子が優秀だったのか、看護師になる資質や常識があったのかどうかまではわりませんが、散々いってきましたが、臨床にいる方も結構な割合でモラルや常識はないです、この業界は。
そこを多くの方が気が付いていない。

今、現場にいる方も自分が特殊な業界でいるということ、
学生の方はその業界に何も知らないで、飛び込もうとしている、
ということを肝に銘じて、広い視野を持って行動し続ける必要があります。もちろん、私も。



21、22歳の社会を一切踏んでいない、若い人間がご年配の先輩方に先生と呼ばれて、感謝される仕事です。

そりゃー常識もモラルもない人が多くて当然じゃないのか?

気が付いていない人が多いので言っておく。
ゆとり世代が問題なんじゃなくて、その世代を育てたバブル世代の方が問題なんだよ。



それを教えるのが学校ですが、その学校も問題がある場合が多いし、閉鎖的過ぎる業界自体が問題と感じます。

が、しかし、学校にばかり押し付けるわけではなく、倫理やマナーなんてのは基本的には家庭で教えるものなわけで、私は倫理やマナーは学校と家で教えるもの、と思っています。



しかも、短期的にどうにかなる問題でもないので、幼少期からキッチリしていれば教えなくても勝手に身についているものなんじゃないのかな。



 


この子は何も考えないで、ちょっと注目を引きたくて画像を上げちゃったんでしょうね。。
自分がしでかしたこととはいえ、ちょっと立ち止まって欲しかったな、と。



私の意見としては、その女の子よりも、、

実習の準備もしてこない、寝ちゃいました・プリンター壊れてできませんでしたっていう志の低い学生さん、挨拶ができない人、目上の人や取引相手にため口でしゃべる人、介助量が多かったり、認知症の患者・利用者さんを車椅子でつれてくと「そこに置いといて。」っと言ってしまえる人の方がよっぽど倫理的に問題があると思うんだけどな。



去年、新人研修をどうしようって話になった時、
「マクドナルドか来来亭のラーメン屋の店員か、自衛隊に放り込みましょう。」
って提案したけど、上司と経営サイドは笑っていましたが、私は本気で言ったんです
もちろん、却下されましたけども。。。
勉強になるよ、絶対。 観察と周囲全体に目を配ること、挨拶、大きな声を出す、とか。



 

許されないことをしたことには変わりがないですが、そのひとつの過ちで人生がくるってしまうと考えると、う~~・・・ん、、となります。私だけなのか?こんな考えは。

と、脱線しましたが、そんな意見しか飛び交わない、バイト先にクレームを入れる日本、大丈夫か???

スポンサードリンク

関連記事一覧
コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License