免疫の自然免疫と獲得免疫の役割の違い - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

免疫の自然免疫と獲得免疫の役割の違い


スポンサードリンク

免疫には自然免疫と獲得免疫がある。
今回はそれに機能について、簡単に解説します。


自然免疫とは?

自然免疫は非特異的反応であり、皮膚や粘膜に存在するマクロファージや好中球といった細胞が、侵入してきた外敵に反応して外的を貪食し生体を守っている


また、種々の糖蛋白の中にも、補体成分のように、細菌成分によって活性化されて非特異的に細菌を攻撃し、生体を守っているものもある。

急性炎症はその意味で、この自然免疫反応の一部を担っている。

スポンサードリンク


 

獲得免疫とは?

免疫とは、通常、獲得免疫を意味することが多いです。


獲得免疫は生体の中で外敵の侵入に対する最初の炎症反応が終わったあと、同じ外敵が次に侵入してもすぐに準備ができるように対応がなされている。

 

 

獲得免疫は体内でリンパ球を中心に起こる細胞の連続反応によって成立しており、免疫が成立すると抗体ができ、これが外敵の2度目の侵入から生体を守るということになります。

 

抗体は液性抗体(体液性免疫)と細胞性抗体(細胞性免疫)がある。


液性抗体
免疫グロブリンと呼ばれる糖蛋白からなる。この液性抗体が外敵の細胞を破壊するとき、別に補体と呼ばれる蛋白質が関与する。

細胞性抗体
リンパ球の一種で、細胞自らが外敵を攻撃する。 
 

独立行政法人 理化学研究所で分かりやすく解説されているので、参考にどうぞ。
理研免疫発生研究チームHP

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License