体液性免疫と体液性免疫のしくみ - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

体液性免疫と体液性免疫のしくみ


スポンサードリンク

体液性免疫

この抗体産生は病原体との接触が繰り返された場合には非常に早く、そして強く行われる。

①食作用 マクロファージによる病原体の食作用
②ファゴリソソーム形成と病原体の分解が起こる。
 
③細胞表面への抗原の置換 抗原として作用する小片はマクロファージの細胞膜につくられる。
④抗原提示 ④抗原提示 ・ 同様にここに局在しているクラスⅡ(Th細胞を活性化)の蛋白とともに、ヘルパーT細胞に提示される。

全く同様に前もって抗原を膜に固定されたIg(抗原受容体)とともにBリンパ球もクラスⅡのMHC蛋白を抗原と一緒に提示する。

体液性免疫

スポンサードリンク

細胞性免疫

ある病原体(ウイルス、ミコバクテリア、ブルセラ)に対して、体液性免疫防御は、時に細胞内で殺すのを避けるので、この場合細胞性免疫防御が行われる。

①食作用 細胞性免疫防御の最初の反応は、再びマクロファージによる食作用

②細胞表面への抗原の置換  
③抗原提示 細胞性免疫防御の最初の反応は、再びマクロファージによる食作用

④クローン選択 特異的防御反応を担当するT細胞は急速に増加する(クローン選択)
⑤B細胞の活性化 ヘルパーT細胞からリンホカインが放出され、リンホカインによりB細胞が活性化される。
⑤活性化されたマクロ
ファージが病原体を殺す

・このとき記憶細胞の他に、T細胞も生成され、その種々のリンホカインによ
ってマクロファージの活性化が引き起こされる。

これによってほとんど全ての病原体と非自己細胞が殺される。


細胞性免疫

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License