中枢神経、整形、痛み、ADL評価とか、ほんまにいろいろな評価の一覧表で改めて、ちゃんとできてないなーと思った - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

中枢神経、整形、痛み、ADL評価とか、ほんまにいろいろな評価の一覧表で改めて、ちゃんとできてないなーと思った


スポンサードリンク

FIMの評価を見直していて、ほとんど現場でやることがない評価について復習していましたが、かなりあるなー。

あげてみましたが、私が評価したことがあるやつの一部です、一部。
実際に知っているのも他にもたくさんあるけど、実際にちゃんとできるひとって、ほぼ皆無だと思うな。

実際のところ、しっかり勉強している学生さんが一番、測定方法や定義については詳しい気がすると思う今日この頃。

 

スポンサードリンク

中枢神経とか疼痛検査とかADL評価とか個人的一覧の一部

 疾患・評価対象      評価法
脳卒中 Stroke Impairment Assessment SetSIAS
Moter Assessment Scale
Modified Moter Assessment ScaleMMAS
Fugl-Meyer評価法
片麻痺機能 Brunnstrom Stage
12段階片麻痺グレード(上田法)
運動強度(運動中の患者の自覚症状) ボルグ指数
息切れ Hugh-Jonesの分類
痙縮 アシュワーススケール
Modified Asworth Clinical ScaleMACS
Stroke Impairment Assessment SetSIAS
歩行能率 PCIphysiological cost index
歩行持久力 6分間歩行試験(6MD
10分間歩行試験(10MD
12分間歩行試験(12MD
脊髄損傷 ASIA機能障害分類
Zancalliの上肢機能分類
疼痛 VASVisual Analog Scale))
VASの変法(visual rating scale
Wong-Baker faces pain rating scale
フェイス・スケール
MPQMcGill pain questionaaire
CScategorical scale
NRSnumeric rating scale
pain color scale
VDSVerbal descriptor scale
佐藤、谷口の痛み問診票(SATPAQ
CSQCoping Strategy Question
平衡機能 Rombergテスト
Mannテスト
傾斜反応
保護伸展反応
ホップ反応
ステップ反応
背屈反応
シーソー反応
正常発達  運動年齢検査(motor age testMAT
遠城寺式乳幼児分析的発達検査法
日本デンバー式発達スクリーニング検査
Milani-Comparettiの運動発達評価
WeeFIM
姿勢反射検査
末梢神経損傷 Seddon の分類
Sunderlandの分類
パーキンソン病 HoehnYahrの重症度ステージ(分類)
機能障害の分類
脊髄小脳変性症 厚生省運動失調症調査研究班による脊髄小脳変性症の重症度分類
体幹・下肢運動機能ステージ(立野による)
看護上の病期分類と症状(眞野による)
ADL Barthel index
Katz index
FIM
Kenny Selfcare Evaluation
PULSESプロフィール
進行性筋ジストロフィー 進行性筋ジストロフィー(PMD)の分類
Duchenne型筋ジストロフィー Duchenne型筋ジストロフィー機能障害度分類
上肢機能障害段階分類(9段階法)
関節リウマチ ランスバリー活動性指数
ACRコアセット
SteinbrockerStage分類
Larsen分類
Sharpの分類
Steinbrockerclass分類
アメリカリウマチ学会発表の機能障害度の改定分類基準
AIMS
改訂スタンフォード健康調査質問表(MHAQ
日本リウマチ財団薬効検定委員会発表の疼痛の程度分類
変形性膝関節症 変形性膝関節症のX線学的分類による段階わけ
筋萎縮性側索硬化症 筋萎縮性側索硬化症の重症度分類(厚生省研究班の診断手引き)
呼吸筋 呼吸筋の重症度
外傷 外傷の分類
肉離れ 肉離れの分類
多発性硬化症 多発性硬化症障害度の段階(Cailliet
紫外線 紫外線紅斑の程度による分類
慢性気管支炎 Reidの指数
意識 JCS(Japan Coma Scale)
GCS(Gragow Coma Scale)
褥瘡 褥瘡形成までの4段階

結構いろいろあるなー。

ファンクショナルリーチとかは日本に文献が一切なかったので、私は海外サイトで調べてレポートにしていったら、バイザーの方が「???」で話にならんかったという。。。


ほとんどの人は、厳密に評価できないないって言うのが持論。

個人的には評価しないと分からないような状態なら、評価するまで分かるっていう場合もある。←もちろん、そういうのを無くすための評価って言うのもわかってるけど、実際検査・測定なんて、身体障害者手帳とか作るときしか、測らないもんね。たぶん?
手元にちゃんとした資料があるやつのキッチリとした評価方法は、各意味がありそだなー。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License