色んな評価方法の概要と採点項目・段階の超まとめ - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

色んな評価方法の概要と採点項目・段階の超まとめ


スポンサードリンク

中枢神経、整形、痛み、ADL評価とか評価の一覧表を、もうちょっと採点する項目団塊等をいちらんにしてみました。

普段使わないものもありますが、知っておいて損はありません。
頭の隅にでも置いておきましょう。

スポンサードリンク

進行性筋ジストロフィーの評価

評価法 特徴 評価・採点 備考
進行性筋ジストロフィー(PMD)の分類 ・遺伝形式に基づいた分類    

 

Duchenne型筋ジストロフィーの評価

評価法 特徴 評価・採点 備考
Duchenne型筋ジストロフィー機能障害度分類 ・疾病の進行に伴う運動、動作能力の変化を分類 5つの項目について評価  
上肢機能障害段階分類(9段階法) ・障害の進展過程に則している 上肢挙上を5段階、机上での手の水平運動を4段階の計9段階で評価  

 

間裂リウマチの評価

評価法 特徴 評価・採点 備考
ランスバリー活動性指数 ・関節炎の評価 6つの要素を指数化し総計して、1つの数値で示す ・非常によく使われる
・関節の大きさによる重みづけをした
ACRコアセット ・関節炎の評価   ・アメリカリウマチ学会が提唱
Larsen分類 ・骨破壊の評価 6段階で評価  
Sharpの分類 ・骨破壊の評価 X線写真を評価  
SteinbrockerStage分類 ・骨破壊の評価 4段階で評価  
Steinbrockerclass分類 ・骨破壊の評価 4段階で評価 classⅡとⅢ、classⅢとⅣの間の機能程度の差が著しい
アメリカリウマチ学会発表の機能障害度の改定分類基準 ・骨破壊の評価 4段階で評価 Steinbrockerclass分類を改変
AIMS ・骨破壊の評価 QOLを評価  
改訂スタンフォード健康調査質問表(MHAQ ・骨破壊の評価 QOLを評価  
日本リウマチ財団薬効検定委員会発表の疼痛の程度分類 ・疼痛の評価 ADL5項目について5段階で評価 MHAQを改変

 

変形性膝関節症の評価

評価法 特徴 評価・採点 備考
変形性膝関節症のX線学的分類による段階わけ ・立位正面X線像による分類    

 

筋萎縮性側索硬化症の評価

評価法 特徴 評価・採点 備考
筋萎縮性側索硬化症の重症度分類(厚生省研究班の診断手引き)   7段階で評価  

 

呼吸筋の評価と採点

評価法 特徴 評価・採点 備考
呼吸筋の重症度   Campbell3段階、重症度は7段階で評価  

 

肉離れの評価

評価法 特徴 評価・採点 備考
肉離れの分類   3段階で評価  

 

多発性硬化症の評価

評価法 特徴 評価・採点 備考
多発性硬化症障害度の段階(Cailliet   11段階で評価  

 

紫外線の評価

評価法 特徴 評価・採点 備考
紫外線紅斑の程度による分類 ・照射量を決める 4段階で評価 ・適量テストを行った際の診断に用いる

 

慢性気管支炎の評価

評価法 特徴 評価・採点 備考
Reidの指数 ・気管支分泌腺の肥大、増殖の指標 分泌腺と気管支壁の厚さの比を示す ・慢性気管支炎では増大する

 

意識障害の評価

評価法 特徴 評価・採点 備考
JCS(Japan Coma Scale) 3つの大項目にそれぞれ3つの小項目がある。 どの項目に当てはまるかで評価 ・日本でよく使われている。
GCS(Gragow Coma Scale) 3つの大項目にそれぞれ46の小項目がある。 大項目についてそれぞれどの段階に当てはまるかを評価 ・合計点数(最高15)が7以下は重症例で、予後が悪い。

 

褥創(ジョクソウ)の評価

評価法 特徴 評価・採点 備考
褥瘡形成までの4段階   4段階で評価  

 

 

めっちゃくちゃありますね。

ここまで完結にまとめるの、結構しんどい。。

ざっとみて、「あ、これ知らない」って気が付いていただければうれしいでございます。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License