Barthel index(バーサルインデックス)の機能的評価表と評価のやり方 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

Barthel index(バーサルインデックス)の機能的評価表と評価のやり方


スポンサードリンク

Barthel index(BI:バーサルインデックス、バーセルインデックスと言われている)は、MahoneyとBarthelによって1965年に考案されたました。

現在はGrangerらによって1975年と1979年の2度にわたり改訂された改訂版Barthel indexがよく用いられています。

現在使われているバーサルインデックスの概要まとめ

作業・理学療法士の国家試験的な内容を含めて、箇条書きにてまとめてみます。
病院だけでなく、老人保健施設などでも幅広く使われていますが、原則どうりに実施できている介護福祉士さんやPT/OTの人も少ないですね。限られた時間の中で行うのは困難な場合も多いですが、原則を知っているけどできないのと・知らないのでは大違いですよ。しっかり評価できるようにしておきましょう。

  • 10項目を評価する
    (①食事、②車椅子・ベッド間の移乗、③整容動作、④トイレ動作、⑤入浴、⑥水平面の歩行・車椅子の移動、⑦階段昇降、⑧更衣動作、⑨排便コントロール、⑩排尿コントロール)
  • 「できるADL」を評価するもの
  • 部分介助と自立で分けられているが、0点、5点、10点、15点と5点刻みであり、項目によって異なるが3段階評価
  • 移動動作、移乗動作は配点が高い
  • 基準に満たない場合は0点(最低点)で、最高点は100点であるが、100点でも社会生活を営めることを意味するものではない
  • 排尿と排便が別々に評価されている(重要視されている)
  • めやす:60点以上→介助量が少ない、40点以下→介助量が多い、20点以下→全介助レベル

さあ、続いてひとつひとつを詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

Barthel index(BI:バーサルインデックス)の評価方法の詳細



①食事 10点
5点
0点
自立、自助具などの装着可、標準的時間内
に食べ終える
部分介助(たとえば、おかずを切って細かくしてもらう)
全介助
②車椅子からベッドへの移乗 15点
10点
5点
0点
自立、ブレーキ、フットレストの操作も含める
軽度の部分介助または監視を要する
座ることは可能であるがほぼ全介助
全介助または不可能
③整容動作 5点
0点
洗面、整髪、歯 磨き、ひげ剃りなどが自立
部分介助または不可能
④トイレ動作 10点
5点
0点
自立(衣服の操作、後始末を含む)
部分介助、体を支える、衣服、後始末に介助を要する
全介助または不可能
⑤入浴 5点
0点
自立
部分介助または不可能
⑥歩行・車椅子の移動 15点
10点
5点
0点
45m以上の歩行が可能(自助具の使用可)
45m以上の介助歩行ができる(自助具可)
歩行不能の場合、車椅子にて45m以上の可能
上記以外の場合
⑦階段昇降 10点
5点
0点
自立、手すりなどの使用の有無は問わない
介助または監視を要する
⑧更衣動作 10点
5点
0点
自立(ファスナー、装具の着脱を含める)
部分介助、標準的な時間内、半分以上は自分で行える
上記以外
⑨排便コントロール 10点
5点
0点
失禁なし、浣腸、坐薬の取り扱いも可能
時々失敗する
上記以外の場合
⑩排尿コントロール 10点
5点
0点
排尿自制が可能で失禁なし。収尿器の取り扱いも可能
ときに失禁あり、介助を要する者も含む
上記以外の場合

 

もうちょっとだけ詳しいのはこちら。クリックすると大きくなります。

clip_image002[8]

 

改定される前のバーサルインデックスも知っておこう!

現在使われているのは改訂版で、以下の説明は原型です。ご注意ください。

大きくは身の回り動作と移動動作の2つの大項目に分けられ、それぞれが9つと6つの小項目から構成されています。

判定方法は自立2、介助2の4段階評価で、各小項目の得点比重は同じではなく、特に排泄行為に重点が置かれているのが特徴。

clip_image002

clip_image002[5]

日本でもADL評価の際に何らかの形で約半数の施設が本法を使用しており、簡易に短時間に評価が行え結果の解釈も容易という利点があります。

検査測定の原則を知らないとレポートや論文の信憑性は一切なくなります。学会発表の数値も怪しいものが多いですが、皆さんはきっちりとした評価をできるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2015-04-17 00:08 from -

Re: BIについて

PT学生さん>

非行自立というものがどのようなことなのかがわかりません。そのような記載がどこかにありましたでしょうか?
評価は自分のオリジナルの要素や固定観念を入れてはいけません(一般的に、もちろん絶対にはいってしまうものも多くあります)
なぜなら、誰が評価しても同じ点数にならないといけないのが評価だからです。



ですので、ストレートに解釈してもらえば良いと思います。
できていれば自立の15点、できていなければ10点と思われます。

参考になれば幸いです。

2015-04-17 01:14 from さすらいの理学療法士@管理人

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License