脳梁失行の症状/特徴/定義と評価/リハビリ(対応/対処・アプローチ) - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

脳梁失行の症状/特徴/定義と評価/リハビリ(対応/対処・アプローチ)


スポンサードリンク
★是非、ご覧下さい★ +++高次脳機能障害の一覧(もくじ)+++

脳梁失行の定義/症状/特徴

脳梁失行とは、脳梁(左右の大脳半球の結ぶ神経線維の束)が広範囲に損傷されるとおこる失行であり、通常は右上肢の行為は保たれるが左上肢に失行おこる。
スポンサードリンク
失行は口頭命令での象徴的行為や道具の使用の身振りで現れることが多い。行為の模倣や実際の道具使用は障害されるとされない場合がある。失行タイプとしては、古典的分類では観念運動失行に、誤反応の分類では概念失行に相当すると考えられる。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License